Colour Vending Machines

クールなベンディングマシン!

ソーダの缶やシリアルバーが売られるベンディングマシン。
ある日2人の起業家がネイルを販売するマシンをつくるというクレージーなアイデアを思いついた・・。

ネイルマティックってだれ?

2004年パリ、フランス・ジュラ出身のボリスとナント出身のリリアンが出会う。
コスメティック業界でキャリア(Black Up,By Terry,Rouge baiser,Deborah group)を築くボリスと広報やコンサート制作の分野で活躍してきた独学のオールラウンダー、リリアン。新しい挑戦を求めて、2人は多くのスタートアッパーたちの夢 - ビッグアイデア - を探し始める。ボリスは今までにない新しいことがしたい、知り尽くしているビューティビジネスにちょっぴり意外性のある変化をもたらしたい。

ビッグアイデア

飛躍的に成長しているある市場が気になる。それはネイル。ネイルといえば香水コーナー・・熾烈な競争、チャレンジャーたちはすでに地位を獲得している、手を打つ余地はわずか・・。ネイリスタたちを惹きつけるためには避けて通れない、影響力のある大型流通が依然として立ちふさがっている。避けて通れない・・本当に?そこでリリアンとボリスにビッグアイデアが浮ぶ!超トレンドの2つの市場をかけ合わせる、ネイルと自動販売機!

先駆者

同じようなアイデアをだれかが絶対に思いついているはず。日本のファッショナブルな渋谷界隈やアブダビの巨大ショッピングモールにこんなタイプのマシンが置かれているのを十分に想像できる。ところがリリアンとボリスは前人未到の領域の先駆者だった!
こうしてネイルマティックは征服すべきファッションエリアに自分たちの市場を築く。

visu2-uoajs.png

マスコット

閃くアイデア。ネイルの世界に飛び込むのは2人の男性・・それはまあいい・・むしろ新鮮。問題は自動販売機、さほど個性のないあの大きな物体・・。
でもーからすべて設計して美しいオブジェをつくるなら話は違う。ネイルマティックの代名詞となる移動型ミニストア、エンブレム、頑丈なボディを持った幸福のお守り!
美しい光源でネイルカラ一を展示してくれるうえに、このローテクのアクセサリーボックスは最適な温度14℃でボトルを保存してくれる・・。

テクニック

テクニック面については大きな賭け。スタートから60種類のネイルを管理できるオーダーメイドのマシンが必要。夜空を彩る鮮やかな花火のように視界いっばいに飛び込むコロラマ!電子マネー派さんの要望に応えてマシンにはあらゆる決済システムの搭載は欠かせない(プリペイドカード、ギフトカード、スマートフォン決済・・)。

ウィナー

結局、消費者はなにを得るの?
なにもかも、そう、すべて。中間流通を挟まずにコストを減らすことで、ネイルマチームが実現する超リーズナブルな価格の高品質ネイル。あらゆるネイルカラーが、全色、24時間いつでも購入可能 - これは従来の流通では想像できないこと。

ビジョン

ボリスとリリアンのビジョンは明確。ネイルは10ユーロを超えてはいけない。ネイルはファッションを引き立たせ、 装いを印象的に仕上げるアクセサリー。購入するという行為はとっても大切・・それは日常のささやかな喜び、だからこそ我慢しないでネイルボトルをコレクションしてもらいたい。"素敵"を配るベンディングマシン!

ギャランス・ドレ

ギャランス・ドレ、世界で最も影響力のあるファッションブロガーは間違えない。「私が自動販売機で買った一番素敵なもの。パリってなんて幸せな街。」

About us
会社概要

CONTACT
お問い合わせ